エージェント・オブ・シールド シーズン1第1話

エージェントオブシールド コールソンの愛車ローラ

『シールド精鋭チーム誕生 Pilot』

チーム誕生

ニューヨーク決戦にて殉職したコールソンは、生存していた。8秒間息は止まったが、ICUから出た後タヒチにいたのだ。彼は少数精鋭のチームをつくるため呼ばれたのだ。技師のフィッツ、そして生物化学者のシモンズをチームに収集。職場に戻ることを渋るメイには、輸送と管理担当だと伝え説得する。単独任務が得意なウォードもチームに入るのを渋るが、戦闘能力がトップクラスな彼を適任だとコールソンは説得するのだった。

その頃街では・・・
爆発が発生した建物を、超人的な特殊能力で登り、女性を助け出す男の姿が確認される。その様子を、野次馬の人だかりの中から撮影する女性(スカイ)の姿があった。女性を助けた男はすぐに姿を消してしまう。

スカイはヒーローの男を探し出し、SHIELDが追ってくるから、隠れるよりも世間にヒーローだと公表したほうが良いと話す。コンピューターが得意なスカイは、新しいIDを作ろうと男に提案し、移動式の住居兼用のオフィスに誘う。男には断られるが、スカイは彼のIDを盗んでいた。男の名は”マイク・ピーターソン”

コールソンは正体不明の特殊能力者の映像を確認する。情報発信源はライジング・タイド、暗号を解読するハッカー連中だ。ヒーローの正体はいまだ不明、コールソンはトラブルが起きる前に彼を助けたいと考える。チームは移動指令室となる黒い飛行機で出発する。まずは映像の発信源である、ライジング・タイドに追いつくことからだ。

その頃、マイクは退去通告の書類を見てため息をつく。家で息子のエースを遊ばせながら、何者かに電話をする。「世間に発表しよう、博士の研究は大成功だ」と話す彼の左腕には、ムカデの形をしたものが張り付いている。電話の相手は彼に工場に戻るよう言うのだった。
マイクは前の勤め先の工場にかけあうが、仕事はないと言われる。逆上した彼はあの力を使って、上司である主任に重症を負わせてしまうのだった。
次にマイクは助けた女性の病室へと見舞いに行く。看護婦がいなくなると、女性デビーは態度を変える。彼を実験台にしたのは彼女だったのだ。暴走を始めているマイクに、姿を消すように忠告するのだった。
コールソン&ウォード&スカイ (Agents of S.H.I.E.L.D.)
移動式オフィス(車)の中で、ライジング・タイドの仕事をこなすスカイ。突如、SHIELDに拉致され、尋問される。スカイは”ムカデ”がチャットに現れたから、接続のあったあの建物を監視していたという。SHIELDのことを敵対視している彼女に、コールソンは自白剤を撃つとみせかけてウォードに撃つ。「我々を疑うなら好きに質問しろ」と、なんでもしゃべるようになったウォードをスカイの前に置いていく。ウォードからいろいろと聞いたスカイは、コールソンの流儀に好感を持つのだった。そんな彼女にひとつのニュースを見せる。それは工場で主任に重症を負わせるマイクの映像。助けたいなら協力してくれというコールソンに、彼女はマイクのIDを渡す。工場勤務で子供が一人、ケガが原因で解雇されたマイク。その上妻は蒸発した。何者かが失意の彼に、力を与えるといい誘いを掛けたのだろう。

メイはシモンズとフィッツを連れ立って、爆発したビルを調査する。爆発のあった部屋は秘密の研究所だったようだ。フィッツは小さな機械を数機、発進させる。寸法や素材を記録する子、物質密度や放射線を測る子、におい専門の子、それぞれ得意分野が違うようだ。 ”てれすけ”と呼ばれた子が焦げた監視カメラを見つけだす。次は”スノー”が何かを見つけたようだ。シモンズは「未知との遭遇」と言いながら金属片を取り出すのだった。建物で回収した監視カメラには、男が白衣の男性に怒っている場面が映し出される。だが、データが壊れていたためその部分しか取り出せなかった。するとスカイが音を録音しているという。ショットガン・マイクで研究所を探っていたというのだ。音声データは、GPS連動の暗号をかけた車の中にあるため、路地に車を戻すことになった。スカイにメイが同行することになる。
スカイ&メイ (Agents of S.H.I.E.L.D.)
シモンズが未知の金属を解剖すると、ドロドロした液体がでてくる。他に出てきたのはガンマ線。スカイは車の中から音のデータを送信する。フィッツはその音声ファイルをアップロードして、映像と音声を組み合わせ、再現する。白衣の男性に対して、怒りで暴走気味の男。フィッツは男の腕にあるムカデに気が付く。ドロドロを調査していたシモンズは、静脈フィルターだという。あのドロドロ(ムカデ)はアースキン博士の血清に似ている。”超人血清”だ。未知の金属・ガンマ線・血清、超人化に関連するものばかりだ。コールソンは爆発物の正体を探るため、映像を逆から再生すると、爆発したのが男自身だったことが判明する。エクストリミスの新型で非常に不安定な状態だ。マイクも同じ状態でもっと強力だろう、半径2ブロックは灰になると推測される。爆発の原因を探るシモンズとフィッツは、怒りは原因ではないが関連もしているため、落ち着かせてももって1分だという。数時間後には爆発してしまう。解決方法は隔離、又は頭を打つしかない。死亡すれば爆発は止められるのだが、子供から親を奪えないというコールソンは、3番目の道を探れという。

音声データを送信したスカイの車に、突如マイクが息子のエースを連れて現れる。彼はメイを倒し、スカイに車を発進させる。ユニオン駅に到着したマイクたち。スカイは車の中で、交通局のシステムに入り彼のデータを消すように脅される。

解決方法を探るフィッツとシモンズは、死なない程度の強いマヒをシミュレーションするが何度も失敗する。時間の無い中、何者かがシステムに侵入してくる。それはスカイが送信した座標、彼女が居場所を知らせてくれたのだ。

コールソンとウォードが先に到着して、車の中にいるマイクを説得にかかる。焦るマイクはエースとスカイを連れ出し、駅の人混みの中へと逃げる。機転を利かせたスカイが、騒ぎを起こして逃げ出すと、コールソンたちがエースを保護する。スカイを捕らえたマイクは上の階へと逃げるが、SHIELD以外の組織にも狙われ、撃たれたマイクは下の階へと転落する。マイクを撃った男は、到着したメイが倒しスカイを助け出す。転落したマイクは無傷で立ち上がるが、彼の顔は不気味に赤く光りだしていた。爆発の近い彼に近づくコールソンは銃をおろし、彼を説得する。「能力ではなく、行動でヒーローになれる。君の言うとおり自分次第」その時、おとなしくなったマイクの額に銃弾が打ち込まれる。シモンズがきてマイクの生存を確認すると、笑みがこぼれるのだった。ウォードがフィッツから渡された銃を放った、第3の解決方法が間に合ったのだ。その後、マイクはSHIELDの保護下に置かれる。
フィッツ&ウォード(Agents of S.H.I.E.L.D.)
スカイとコールソンは、エースを一時預かってもらう家に送り、「パパは戻る」と伝える。コールソンの愛車ローラに2人が乗ると、ウォードから「084」だと連絡が入る。「084って何?」と聞くスカイに、知りたければSHIELDのオファーを受けるのか返事しろと答え、ローラの特殊飛行で空港まで飛ばしていくのだった。

スポンサーリンク

感想

マーベルと言えば、アメコミなんですが、私他の作品って何も見てないです。しかもスピンオフ作品なんですが、まあ、他の作品を見ていなくても楽しめるようです。この1話目は誰が仲間なのかちょっと分かりにくかったですが。ところで最初の方にでてきた、SHIELDの正式名称。”戦略国土調停補強配備局”え、本当にこれ正式名称ですか?なんかとりあえずくっつけました感がハンパ無いです。

さて、SHIELDにはアクセス制限レベルなるものがあるようですね。アベンジャーズたちはレベル6以下で、ウォードはレベル6だったのが7になったのかな?コールソンはレベル7と、というかこのチーム自体がレベル7なのかな。

コールソンは殉職して生き返ってタヒチでマイタイと小説三昧って言ってたけど、ヒルとストラテン博士の意味深な発言を見ると、本当の所は違うようですね。これは後々分かるようです。ウォードって2枚目の役なのかなと思ったんですが、ヒルに社交術はウンチ並みに書かれるとか、あ、あれヤマアラシでしたね。そして、コールソンに自白剤撃たれてスカイに言いように聞かれるという。素直に「痛かった、でも美人の前では我慢」「なんて効き目が早いんだ」なウォードが愛らしいです。

なにげにコールソンの収集癖も良いですね。ローラと名付けた赤い車がかっこよいです。火炎放射器とGPSと空飛ぶ車、ローラ欲しい。
フィッツ&シモンズ(Agents of S.H.I.E.L.D.)
ライジング・タイドとか、084とか、ムカデとか、あと他にもいろいろ分かんないものばっかりですが、シモンズとフィッツのオタクっぷりと(てれすけって名前すごいな)メイの無愛想ぶりも今後楽しみです。

スポンサーリンク