パーソンオブインタレスト シーズン5 第13話

『正常終了 Return 0』

感想

最終話。ハッピーエンド。ある意味ハッピーエンド。世界は救えた。でもなんだろうこの胸がスッキリしない感じは、掻きむしりたくなる。フィンチとショウとファスコ、それにベアーは生き残った。そう、みんなある意味ハッピーにはなったんだよ。ルートはマシンちゃんと融合できた、これは最上の幸せだろうし、元々死ぬことを目標にしてたリースは拾ってくれたフィンチを助けて死ねた。リースにとってはこの上なく幸せなことだと思う。(リースの場合は今までの人生救われなさ過ぎる気が・・・。)フィンチさんはグレースと会えたし、ファスコは日常を取り戻した。ファスコが最後までファスコでいてくれてありがとう。ベアーはショウが飼い主になってくれる、かわいがってくれるよ。そのショは・・・あれ?ショウは・・・ん~、あれだ、ルートの敵撃てたし。いや、ショウだけなんか違うな、スッキリしない感はあのラストの公衆電話だろうな。終わり方は良かったPoiらしいというか、“pilot”とほとんど同じラストだし(+シーズン2ラストの電話)最終話は“return 0”だし感動した。(そういえば、ショウは今まで電話とったことあったのかな?なかったからショウが電話取る絵が欲しかっただけか制作陣。電話なければまんま“pilot”と同じラストなのに。)で、感動の最終話ではあったが、電話とったショウはこれから独りで人助けしてるんかと思うと哀しくなるな。(まあ、ベアーもいるしファスコも手伝ってくれるだろうけど。というか、ルートヴォイスでゴッド・モードで人助けって逆に楽しそうに仕事しそうだなショウ。)あの電話なんて言ってたんだろう。やっぱり「Can you hear me?」なのかな。いやルートボイスなら「Did you miss me?」でもいいかも。“return 0”ってことでルートが仲間になり始めた頃にもどると。あ、ショウはAn arrowがあった。ルートから肯定の伝言で幸せにはなれたはず。たぶん。ところであの伝言ってもしかして、シーズン4の「なんかあったらショウに伝えて」のとき伝えたかったものか。分からんが。

そういえばどのシーズンのラストも、微笑ましく終わったのが無かったですね。でもすごく魅入ってしまう、音楽も映像も素晴らしかったです。こんなドラマを作製してくれた製作陣・キャストの皆さん本当にありがとう。

願わくは、全員生きてて今も人助けしてる世界を1話だけ作製してくれ。シーズン3のルート加入後~カーターEND前で、サマリタンがいないもしくはサマリタン弱小でやっつけた後の延長の世界線でいいよ。そしたら、カーターもイライアスもアンソンイーもいるし。ハーシュもいるな、コントロール組みもいる。ラストはあれ、全員で橋の下で終われ。そんでマシンのシミュレーションオチでもいい。そこまでの映像が終わったら、そのデータを鍵つきフォルダに格納するマシン。PCシャットダウンEND。いや、まてよ、その映像をマシンちゃんから見せてもらうショウとベアー、で最後に微笑むショウEND。いやまて、やっぱショウ哀しすぎる。感情のボリュームが小さいって設定からのだから余計なんだろ切なくなるというか心配になるよ。

とりあえずスピンオフはどんな方向からもいけそうではある。ピアース君たち別動隊は可能性高そうだな~とは思う。可能性があるというか、POI同様の、犯罪を未然に防ぐ設定でのドラマを作って欲しいかも。事件が防げるなら死体見なくていいしね。(POIは番号以外の人が死にまくりだが。)そして恋愛要素少なめなら尚OKだな。ああ、恋愛要素系が少ないのも良かったんだな。レギュラー男女でくっつかないし。微妙にリーフィン(rinch)がありルーショウ(shoot)は濃厚なのがあったが。いやあれはシミュだし。アイロンやスタンガンの続きだ、お皿割る勝負と尾骶骨折る勝負してただけだ。シーズン4でショウがキスしたのも、頭突きでルートだまらせようとして間違えて口突きしちゃっただけだ。ショウならありえる。

いつかPOIのような世界がくるんだろうな~と思われるぐらいの近未来的な話も引き込まれるところ。近未来じゃないな、人工知能・犯罪余地・監視社会、半分ほど足入ってる感じがする。でも人助けができる人工知能はいいな。マシンのような人工知能が本当にいてくれたら、世界は平和に・・・いや、どこにでもサマリタン側はいるか。
p5-13-2
しかし、やる気スイッチ押されたフィンチさんとマシンは最強だったな。フィンチさんのあの人格だからこそあの善悪を持ったマシンが生まれたわけだが、フィンチさんがいつまでも頑なだからこそ、かなりの犠牲がでてしまうという結果に。誰かを犠牲にしないと多くの人を救えないラスト、最終的にはリースが犠牲。マシンが「たくさんの命を救えたよね?」と言ったときのフィンチさん、諦めと悔しさ、やり切れない複雑な顔が印象的でした。まあフィンチさんがスパッと覚悟決めてたらシーズン3の時にあの議員ぬっ殺して、意外に冷徹なんだフィンチって、ってみんなから距離置かれてシーズン3でファイナルになると。やっぱ“return 0”最高です。ところでグレースさんとこに戻るフィンチさん、“Pilot”でリース君に「いずれ2人とも死ぬことになる」とか言ってたし、2人とも死ぬかと思っていた。でもフィンチ死んじゃったらリースが無念すぎるな。リース君の幸せが何も無くなってしまう。グレースと離れた理由がフィンチさんの原点に近いとこだから、グレースさんとのラストは唯一の救いで人間的な希望があると思う。

この感想書きながら“pilot”も観返してますがフィンチもリースも若い。5年もたつとまあそりゃ、みんないい歳だしね。

なんだろう、取り急ぎ感想書いたけど感想になってない半分妄想だ。内容は落ち着いてから書きます。感想もまだ付けたししそう。こんなにハマるドラマをありがとう。POI最高でした。

スポンサーリンク