プリティ・リトル・ライアーズ シーズン5第3話

『衝撃を乗り越えて Surfing the Aftershocks』

ジェシカの葬儀

前回、庭からジェシカの遺体が発見された。
母の葬儀が行われるが、アリソンが選んだ喪服はジェシカがアリソンの葬儀の時に着ていたものだった。
pll5-3-1
学校に登校した4人は、校長からおとなしくしておくように忠告される。
彼女達はジェンナがシャナのことを嗅ぎ付けることや、アリソンのウソを知っているノエルやモナ、そしてエズラにニューヨークでのことを内緒にしてもらうよう説得しようと考える。エズラの説得を頼まれるアリアだが、もう別れたから話したくないと突っぱねる。アリソンのウソがバレる前に、真相を追究することもしなくてはいけない。エミリーとハンナはジェイソンが怪しいと言うが、スペンサーは異を唱える。
pll5-3-2
アリアはエズラがローズウッドに帰ってきて自宅療養していることをモナから聞く。そのモナはアリソンがいつ学校に戻るのか気になっているようだ。

アリソンが生きていることを警察に情報提供したペイジ、エミリーと偶然会うが転校生のシドニーからジロジロ見られエミリーはイライラモードだ。水泳部に所属したシドニーは飾られているトロフィーが全てエミリーの名前だったため彼女を見ていたようだ。水泳部では登録メンバーの最下位だからと、エミリーにフォームを見てほしいと頼む。後日、エミリーはストロークを真似ているというシドニーに指導するが、そこにペイジも加わってくる。ペイジとの話しを避けるエミリーはすぐにその場を離れてしまう。
pll5-3-3
スペンサーの姉メリッサはロンドンでレンといたことについて、レンを巻き込みたくなかったとスペンサーに話す。そして、アリソンにもあの家にも近づくなと忠告する。1階にいたスペンサーの父ピーターも「あの家族とは終わりだ」と話す。

葬儀場に弔問客名簿を取りに来たアリソンと付き添いのハンナ。飾られていた絵を見てアリソンはどこかに行ってしまう。そこに名簿を持ってきた男性が現れ、ハンナをアリソンと勘違いして話し始める。戻ってきたアリソンは「昔は絶対間違われること無かった」と、その言葉にハンナはアリソンが失踪した直後のことを思い出す。アリソンが失踪した直後に、メガネをはずしたモナがハンナに話しかけてきた。「アリソンが本当にいなくなったら誰かが代わりをしないと」と話していたモナ。

モナはスリムになったハンナに服を選んであげる。ハンナの部屋に昔アリソンが置いていった服があり、それもハンナに着せる。

アリアの葛藤

アリアはエズラの部屋にきたがノックせず帰ろうとする。そこにちょうどエズラが出てきたため話をすることになる。エズラはまだリハビリ中、ここには戻らないはずだったが行くあてがなく戻ってきたのだという。アリアはアリソンの話に口裏をあわせてることを伝えるが、彼がまだシャナのことを知らないため、アリアは殺したことを打ち明けられなかった。

打ち明けられなかったことをアリソンに伝えると、シャナのことはエズラは知らないほうがいいと言うアリソン。アリアはアリソンから頼まれていたエズラの小説の原稿を渡した。

エズラの小説を読んだアリソンは、監視と盗聴で手に入れた情報がもっと欲しいとエズラに迫る。エズラは情報を全て捨ててないとしたら、それは何かあったときにアリアを助けるためだと言う。

もう一度エズラの元を訪れたアリアはシャナを殺したことを打ち明けた。エズラは「力になる」と言う。

怪しくないジェイソン、怪しいスペンサーの父ピーター

ハンナとエミリーは以前ジェイソンが訪れたさびれたビルまで行く。そこでジェイソンが断酒会にきていたことを突き止め、ジェシカが殺された日もここに来ていたことが判明する。

そのジェイソンは「母は秘密を抱えててそれが命とりだった」とスペンサーに話していた。スペンサーは、「もう守れない」と記載された宛先不明のメールを彼に見せると、ジェイソンはだいたいの検討は付くという。2人はメールを送信しなかったジェシカは直接伝えに行って殺された可能性があると考える。しかし、ジェイソンは手遅れになる前にもう関わるなとスペンサーに忠告し、スペンサーとジェイソンの父(ピーター・ヘイスティングス)を信用するなと伝える。

夜1人で歩いていたアリソンにピーターが声をかけ、車で連れて帰ってくれることになる。

ピーターはプレッチェルを買いに行ってたといい帰ってきた。スペンサーはジェシカのメールを見せ父を責めるが、そこにメリッサもきてそのメールを破ってしまう。スペンサーに“あのこと”を言いたいとメリッサは言うが父は止める。

ハンナの決意、エミリーの意思

ジェイソンが犯人じゃないと判明し車で帰るエミリーとハンナ。ハンナはモナと2人でオシャレに生まれ変わった時のことを思い出し、エミリーにカミングアウトは大変か聞く。それまでの自分をやめて別人になるのはどんな感じなのかと。だがエミリーは、別人じゃなくて本当の自分に戻っただけだと話す。それを聞いたハンナは、自分は本当の自分を分かっていなかったと呟く。2人がいつものカフェに行くと、モナが奥の席に座っていた。ハンナはモナに、2人でイメージチェンジしたときにアリソンが生きていたことは知っていたか聞き、アリソンに全て似せアリソンの代わりにしたのは何故か問う。モナはかわいくしたんだから少しは感謝してよねと相手にしない。

家に帰ってきたエミリーは家の前にペイシがいることに気付く。ペイジはまだエミリーのことを愛していると言うが、エミリーは「最高の相手が見つかるよ」と伝えるだけだった。

ハンナは髪の色を変えイメージチェンジすることを決心した。
それをガラス越しから見ているモナ、そのモナの隣に女性が・・・。

スポンサーリンク

感想

今回はハラハラドキドキが無かったせいか、何も進展なしにみえるんですが、ジェイソンは犯人ではなさそうですね~っていうのは分かった。そしてメリッサ毎回父にダメって言われるけど、誰かに言いたくてウズウズしてるじゃないか早く言え。1話目からまだ引っ張ってるのかメリッサと父。
pll5-3-5
転校生で新キャラきましたがこの人見たことアル~と思ったら、『マンハッタンに恋して』のドナさん(演じてるのはクロエ・ブリッジスさん)でした。あっちではフェロモンでっぱなしのちょい嫌な女の役でしたが、こっちでは普通の女子高生に見えるのが不思議。このシドニーというキャラ、シーズン7の後半にもキャストで名前あがってるんですが、結構重要キャラになるんだろうか、ちょっと楽しみです。
最後のモナの隣にいた女性って誰だろう?シルエットっぽさではシシーのような感じもあるんですが・・・。それと葬儀場で飾られた絵を見てどっか行っちゃったアリソンはなんだったんだろう、あの絵がぜんぜん分かりません。

スポンサーリンク