パーソンオブインタレスト シーズン4 第11話

『戦略 If-Then-Else』

2003年チェス回想

時刻10:10
マシンが戦略のレッスンを希望したため、公園でチェスを教えてあげるフィンチ。チェスには無数の局面があるため最初の1手は怖い。予測するのは不可能だが、いくらでも修正はきくから安心して決めていいと話す。

時刻16:46
クイーンの駒を好んで使用するマシンに、強い駒ほど気をつけるように、サクリファイス(犠牲)としてつかうこともあると教える。

時刻17:03
チェスがつくられた時代は、キングとポーンのように価値の高低があり命が軽視されていたから、チェスが嫌いなフィンチ。マシンに、人間の価値に高低はなく現実の人間は駒ではないことを教える。難しい一面に直面しても、「特定の誰かに価値を付与してはならない」「誰かを犠牲にするのもダメ」と説く。
p4-11-3

冒頭

サマリタンとの会談が失敗に終わり戦いの火ぶたが切られた。サマリタンは株価を下落させる、このままでは世界恐慌にまで発展するかもしれない。マシンはこの日を予期してソフトを作成していた。このソフトを証券所のサーバーにインストールさせると株価を安定させることができる。NY証券取引所に潜入する総力を結集したマシンチーム4人(フィンチ・リース・ルート・ファスコ)。

人助け中のショウには、地下鉄に乗っている証券所のセキュリティー責任者からサーバールームの生体認証を回避するため管理者コードを聞き出すことをしてもらう。だが、この大暴落で財産を失った男が、身体に爆弾を巻きつけて同じ車両に乗り合わせていた。

証券所の4人は、連携プレーで証券所の監視カメラに細工をする。監視フィードを転送しアクセス可能に、これでマシンは屋内が見えてサマリタンは見えないままだとルートはいうが・・・。
ジョン・リースとライオネル・ファスコ(パーソンオブインタレスト) John Reese & Lionel Fusco (Person of Interest)
その頃サマリタンのグリアはランバートに淡々と話をする。「新しい秩序を確立する最初の一歩だ」グリアはマシンチームが行動を起こすことを悟っていた。「彼らは驚き 慌てふためくことだろう」

地下6階におりたマシンチーム、マシンは監視フィードにアクセスするが複数の脅威を探知する。サマリタンのエージェント27名。ワナだった。電源が落とされ、エレベーターや非常ドアもロックされる。キッチンルームへ入り、身を隠す4人。マシンは戦略を評価しはじめる・・・。

シミュレーション1 OPTION 336,742

現在時刻15:08  資産損壊まで13秒

【ハロルド、ルート】サーバー室へ
・ドガの絵 撃たれる
・戦闘員A・Tの無線消しちゃう、グリアに場所特定されマルティーヌに指示だす。

【ファスコ、リース】機械室へ
・マルティーヌたちに包囲される。
・ショウに助言する暇がないリース

【ショウ】
・爆弾男説得できず、撃ち殺して逮捕
・管理コード聞けない

【ハロルド、ルート】
・管理コードなし、正攻法・撃ってドアあけるためランバードに気付かれる
・フィンチ、ランバードに撃たれて死亡

結果:管理者死亡
シミュレーション終了、時刻15:12
15:08へもどる

シミュレーション2 OPTION 506,738

現在時刻15:08 資産損壊まで6秒

【ファスコ、リース】サーバー室へ
・ドガの絵 撃たれる
・戦闘員A・Tの代わりに応答、グリアはマルティーヌに指示ださない
・ショウへ「自分の命など価値がないと思ってるから違うといってやれ」助言失敗

【ショウ】
・爆弾男説得できず、撃ち殺して逮捕
・管理コード聞けない

【ファスコ、リース】
・管理コードなし、正攻法・撃ってドアあけるためランバードに気付かれる
・ファスコを助け、ヒーローリース撃たれる。ランバードの持ってた手榴弾爆発させる。

【ハロルド、ルート】機械室へ
エレベーターの電力回復のため発電機をいじるフィンチ。
ロック解除はルート、斧で壁壊し待機。
・刑事組みの爆発影響でマルティーヌ機械室直行&ルートこれ以上手立てが無いことを悟り、ショウと会話。
マルティーヌたちに撃たれEND

結果:インターフェイス死亡
シミュレーション終了、時刻15:19
15:08へもどる

シミュレーション3 OPTION 833,333

現在時刻15:08 資産損壊4秒

【4人】サーバー室→機械室
・ファスコがルートに試しキスする
・ドガの絵撃たれる
・戦闘員A・Tの代わりに応答、グリアはマルティーヌに指示ださない
・ファスコがショウに “このうえなく孤独だ” 助言成功

【ショウ】
・“このうえなく孤独”な爆弾男に他の乗客たちが味方する
・管理者も味方になるため、「俺の年金も消えると」いう情報がもらえる。
・爆弾男説得成功
・管理者の年金を守る約束で管理コードをゲット。

【4人】
・管理コードがあるため誰も撃たず、ランバートに気付かれない
・余裕でソフトインストール

時間切迫 資産損壊まで2秒 シミュレーション簡略化

リース “加虐的な警告”
ファスコ “所要時間に関する自虐的な質問”
ルート “愉快で鋭い切り返し”
フィンチ “わずかに高揚した完了宣告”

第2目標 金融危機の回避 達成

フィンチ “次の行動への勧告”
ルート “好意的な呼びかけ”
ショウ “返事”
ルート “会話を求める率直な理由”
ショウ “不機嫌な はぐらかし”
ルート “明白な誘惑”
ショウ “当惑を隠すための敵意に似せた保身”
ルート “軽妙な締めくくり”

第一目標 資産の撤退 実行中
簡略化 解除

エレベーターの電力が戻り、ロックが解除される。4人でエレベーターまでいくがマルティーヌたちと銃撃
p4-11-8
失敗の可能性97,93% 生存の可能性2,07%
フィンチ 2,03%
ルート   2,12%
リース  2,10%
ファスコ 2,04%

時間切れ 戦略833,333に決定

現実世界

【4人】サーバー室→機械室
・ファスコ、キスなし
・ドガの絵 救われる

【ショウ】爆弾男成功

【4人】
・機械室での話の内容がプラスされる
「父に教わったことは何でも覚えている」
「あなたも彼女のよき師だった」
・マシン少し早めにマルティーヌたちがきたこと知らせる

銃撃戦開始
生存の可能性2,07%のまま

ここからシミュレーション範囲外

フィンチが狙われ、かばったリースが撃たれる。
生存の可能性1,27%

ルートも少し撃たれ、諦めかけショウと会話へ。
ショウ爆弾もって登場
生存の可能性 22,48%

ショウとルートが援護射撃、フィンチとファスコが撃たれたリースをエレベーターへ連れて行く。エレベーターに全員乗るが、向かいにある制御ボタンをおさないと動かない。阻止するルートにキスをして突き飛ばすショウ。エレベーターの柵を閉め、カギをして制御装置を押しに行く。
p4-11-4
ここからスローモーション 声無し 音楽と 音のみ。

扉が閉まり始め、撃たれるショウ、叫ぶルート、ルートを抑えるフィンチとファスコ。
有効手段を探すマシン。生存確率0,000006% 現在時刻15:25
有効手段なし

マルティーヌがショウにとどめを刺そうとするところで、扉が完全に閉まる

 

 

スポンサーリンク

感想

長くなったので感想は別ページへ

 

 

スポンサーリンク