ナイトシフト シーズン2第6話

『ゾンビが騒ぐ夜 Ghosts』

追突事故

ゾンビに追われながら5キロ走るゾンビ・ランのスタート地点に車が突っ込んだ。
運転手は警官のピート。ヘロインを所持していたことから過剰摂取を疑ったが、刺し傷から潜入調査中に売人に刺され事故を起こしたと判明する。

意識の戻った彼は幻覚症状でマイキーと口走る。
駆けつけた妻にマイキーを呼んでたことをいうと、夫の相棒だが数年前に殉職していた。
ナイフの刃先が心臓の裏に残ったままだったが、TCとジョーダンが手術で取り除き一命をとりとめる。

遺伝

ゾンビ・ランのスタート地点、車と接触したと思われた女性ローラ・デイヴィスは、車と接触はなかったが腕の感覚がない状態で倒れていた。舌のもつれと上肢の麻痺から脳卒中の疑いがある。
彼女の父が40歳で亡くなっていると聞いたチャベスは、死因を尋ねるが「漿果状」といいかけ彼女は意識がなくなる。オペで助かった彼女だが、遺伝があると知りながら脳検査を受けていなかったのだ。

国境なき医師団の一員として戦地に行くことになったチャベスはクリスタの遺伝を心配する。
クリスタは乳癌検査を受け、結果待ちだという。

ER封鎖

製油所で溶接工のバイトをしていたオーレン・エドワーズがケガをして待合室で待っていた。
目の前で管が破裂し金属片が太ももに刺さったのだ。まずX線をするが撮影に失敗する。
それを見たトファーは劣化ウラン弾で負傷した患者も同じだったと、担当のポールに助言する。
彼は放射性同位元素に被爆しているのだ。

待合室に2時間、血の付いたガーゼも落としたことからトファーはERを緊急封鎖、全員で病院内を除染して食い止めることになる。

オーレン、彼と接触したポールはX線室に隔離される。
製油所で20年働く父に迷惑がかかるため、彼は職場にケガの報告をしていない。来月一緒に旅行するためバイトを始めたばかりだった。

トファーが汚染源の除去にあたろうとするが、妻子ある彼を危険にさらさないためポールがその役割を申し出、オーレンの被爆部位の全摘も成功する。

希少なプルシアンブルーが朝にしか届かないため、ラゴーサの案で同じ成分の青写真の印刷用インクを使用し、腸内のセシウムをインクに吸着し体外へ排出する。

ポールが懸命に処置をするが、検査の結果オーレンの余命は2週間、汚染を広げないため病院で過ごすことになる。

ヘロイン過剰摂取

ERの封鎖のため、出入りさせないように駐車場でトリアージするドリュー。
ヘロインの過剰摂取で倒れていた男が運ばれる。目覚めた彼はもう大丈夫だといい帰ってしまう。
だが、その後、またも過剰摂取をして既に死亡した彼が見つかる。

義理の姉

義理の姉アニーが家に泊まらせてくれとTCを訪ねてくる。
夜勤明け、アニーとジョーダンは犬猿の仲なため彼女には言わず、バーで飲んでいるアニーの元にいく。

ストーカー

ジョーダンは刑務所にいるキャム・ポロックに執拗な電話やメールを受けていた。
命を救ったのになぜか逆恨みされているのだ。
しつこい為、矯正局に知人のいるグウェンに相談、注意してもらうが、彼が先週釈放されていると判明する。出所は8年後だったが取引したようだ。だが、今回のジョーダンの証言で釈放を無効にできる。

夜勤明け、ジョーダンの車の窓ガラスが割られ、車内も荒らされていた。
メールには「警告したぞ」と例の男から。
そこにスコットが車で通りかかりジョーダンを彼の家に匿い、警察に通報する。
TCに電話を掛けるがタイミングが合わないままになる。

スポンサーリンク

感想

ポール;; ポール;;!!
今回のような遣る瀬無いことが起こるから病院モノって胸が痛い(泣)
悔しいよねぇ。車の中で感情を爆発させるポール君に泣きました。
海外ドラマって車のハンドルに感情ぶつけるシーンが多いですね。嫌いじゃないです。

何気に今回ヘロインたくさん出てきたんですね。最後も義姉のカバンの中にドクロのマークの袋入ってたからあれもヘロインだよね。

チャベスさん国境なき医師団に参加決定ってことはもう出演なしなのかな?でもクリスタとキスしてお互い両想いになったんだがクリスタさんどうなるの?

キスしたとこ遊び人のケニーが見てショック受けてたの可愛かった。
そのケニーさんにちょっかい出そうとしてるのはグウェンさん? なかなか良い組み合わせかも。

スポンサーリンク