プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7第9話

『The Wrath of Kahn』

ハンナの計画

皆にNYでルーカスと会うとメールして消えたハンナは、小屋でビデオカメラを用意すると「正義のためにすべきことをする」と撮影する。

管轄外

アーチャーが数日前にフランスに渡ったという情報が入ったため、捜査は継続されるがローズウッド警察は管轄外となる。マルコは管轄から外れたことでスペンサーを堂々と誘いにきていた。

養子縁組の情報開示

ノエルがメアリーの第2子でシャーロットの復讐をしてると疑うライアーズ。

ラドリーの養子縁組は郡の家裁を通じて行われるため、アリアは証拠を捜すため裁判所へ行くことになる。

おばの家が火事になったことで、アーチャーが海外に潜伏していないのではないかと疑うジェイソン。アリアは火事は事故ではないことを打ち明ける。メアリーがもう一人産んでたという資料をジェシカが持っていたが、火事になりメアリーも今はどこにいるか分からない。
ジェイソンは秘密のせいで母が殺されたのだと考える。

もう一人の子供のことを裁判所に問い合わせるため、親類であるジェイソンと一緒に受付へいく。
養子本人か親でないと情報は開示できないと言われるが、アリアが同情させる作戦で調べてもらう。

後ほどファクスで情報が送信される予定だが嵐で停電になる。
その間に、エズラから「ニコルはいなかった 明日帰る」とアリアにメールが届く。

電気が復旧しファクスが届くが、資料は編集され重要な情報は黒塗りされていた。
しかし、判事の名前がスティーブン・カーンだと判明する。
ノエルの父親の名だ。

ドールハウスでの拷問の証拠

ノエルの小屋がハンナの監禁場所の近くだったことを思い出したスペンサーは、エミリーを連れてノエルの小屋へ侵入する。引き出しの奥に隠された、パーティーの入場スタンプの箱の中にUSBが発見される。中には皆の名前のフォルダがあり、ドールハウスで監禁されてた時のものが撮影されてた。

倒れているスペンサーの周りに血糊を垂らしているノエルの姿も映っている。彼はシャーロットを手伝っていたのだ。スペンサーはドールハウス以降、ずっと誰かを襲ったのではないかと思っていた。その自分自身の疑いが晴れ安堵する。

このUSBでノエルを刑務所行きにできる。自分たちを拷問した証拠だ。
ハンナが戻ってから警察に渡すことになる。

家で車の警報が鳴ってると連絡があったため、スペンサーはUSBを持って家に帰る。
雷雨で停電する中、再度USBの画像を見る彼女はマルコに電話し家に来てもらうことに。ハンナを待たずにUSBを渡そうと考えていたのだ。
しかし、マルコが来る直前に何者かに侵入されUSBを奪われてしまう。

ノエルを襲撃

ハンナはノエルを尾行し、彼が郊外で捨てたゴミ袋の中からサラの携帯を発見する。
その後、睡眠薬を売人から購入すると、サラの携帯をだしにノエルをパブへおびき出す。
ハンナ自身もサラ殺害で警察に疑われ不利であることを話し、手を組もうと提案し薬入りのビールをノエルに飲ませようとするが失敗。サラの携帯も奪われてしまう。

その後、ハンナはノエルが車を降りたところを狙い後ろから彼を襲う。

スポンサーリンク

感想

ジェイソンとアリアの回想のシーン、最初アリアの妄想かと思ってました。高校卒業後の5年の間に2人は付き合ってましたね。しかし妄想っぽいカットだったな。

サブリナめっちゃ蚊帳の外だけど、そのサブリナを見張るペイジ怖いから!

ハンナはノエルをどうするつもりなんだろうか。USB奪ったのはノエル以外の誰かってことになるよね。でも、サラ殺害はノエルで決定っぽいですね。あの口調だと。

スポンサーリンク