プリティ・リトル・ライアーズ シーズン5第5話

『戻る日・・・100回記念 Miss Me x100』

戻ってきたジェンナ

シャナのことを気にしているアリアは、エズラと夜道を歩きながら「Aからメールがくるんじゃないかとドキドキしている」と話す。その時、再入学の書類を取りに来たアリソンと出くわし「デート?」と言われ、即答で「違う」と返事する2人。そんな3人の視界には、バスから降りてきたジェンナの姿があった。

スペンサーといたトビーの携帯にジェンナから連絡が入る。NYに引っ越していたジェンナは、シャナが死んだと言いうろたえているという。

シャナが死んだことがジェンナに知られたこと、そしてジェンナがNYにいたことを知り
集合するライアーズたち。シャナが死にジェンナは復讐にきたのかもと怖がる。明日から学校に登校するアリソンは、今まで傷つけた相手に謝るという。

それぞれに動き出す歯車

次の日、登校したアリソンはみんなの注目の的になる。罵ってたシンディたちに挨拶し謝るアリソン、モナはそんな彼女の様子を遠巻きにみている。登校初日のアリソンはカウンセリングを受けることになりエミリーに案内される。学校にきて早々、校長室に呼ばれたスペンサー、母のヴェロニカが来ていて、父と別れるから一緒にくるように言われ家に帰る。父の留守中に家を出て行こうとするヴェロニカに事実を知りたいとスペンサーは言う。ピーターにスパに送ってもらった後私立探偵に会っていたヴェロニカは、ジェシカが殺された夜、ピーターとメリッサはリッチビルのダイナーに行くといっていたがウソだったことが分かったという。2人を疑っているヴェロニカだが、ピーターとの間で決めていたことがあったと、「どんなことがあってもスペンサーとメリッサだけは守りたい」と、そして「あんなこと・・・」と、なにかを言いかけるが・・・。

アリアは犯した罪を受け入れたいと、シャナが死んで落ち込んでいるジェンナに会いに行くという。ジェンナの家にきたアリアだが、呼びかけても誰も出てこない。ドアが開いていて中に入ると、泣いているジェンナを見てしまう。目の見えないジェンナは気配を感じ、誰かいるのか聞いてくるが、泣いているジェンナを見て戸惑うアリアは声を掛けずに出て行ってしまう。その夜、アリアの家にジェンナが訪れ、昼間来ていたことを問われる。「私にはもう誰もいない」というジェンナに、「シャナのことは良く知らなかったから、あなたから彼女の話を聞きたい」とアリアはジェンナを家にあがらせる。

エミリーはシドニーからクラブ主催の歌うイベントに誘われる。朝アリソンが登校したのを見て帰ったペイジだったが部活には参加した。だがアリソンと一緒の空間にはいたくないと言う。そんなペイジに「あなたは誰よりも勇敢だったでしょ」と、家に連れて行き、アリソンとペイジに話し合いをさせる。アリソンはこれまでのことを彼女に謝罪した。その後、歌のイベントに行こうとするエミリーにもアリソンは謝る。エミリーの片思いだと思わせてたが違うと、キスの練習台ではなかったと話す。

ルーカスからパーティーに誘われたハンナは、パーティー前にカフェで飲みものを購入しているとケイレブと出会う。レーブンズウッドから戻ってきたケイレブだったが何故かイライラしているようだ。ハンナが注文した飲み物のカップにトレビスの名前があるのを見て、何も言わずにケイレブは去っていく。ケイレブが戻ってきたことでハンナはパーティーで酔っ払ってしまい、トレビスにつれて帰ってもらうことになる。

エミリー宅から帰るアリソンは誰が乗っているか分からない車に後をつけられる。教会の中に隠れ、4人にヘルプメールを送り奥の部屋に行くとそこにはモナが・・・。「シャナが殺された夜NYにいたでしょ」とアリソンに迫るモナ。「みんなと仲良くしてたがすぐにボロがでる」と強気なモナだったが、アリソンから「ハンナを殺そうとしたでしょ」と言われ動揺しだす。「負け犬モナに戻してやってもいいんだよ」と言うアリソンをビンタすると、アリソンも負けじとビンタを返した。

メールを見たアリアとスペンサーそしてエミリーは、アリソンの家に集まり教会で何があったか聞いていた。だが、アリソンはモナにビンタされたあと睨み返しただけとウソをつくのだった。アリソンの家に泊まることになったエミリーに、納屋から助け出したとき「1番会いたかった」といったことを覚えているかと問い、あのまま置いていくのが辛かったとアリソンは話す。

アリアはエズラの部屋に行き、シャナを失ったジェンナは一人ぼっちで「自分のせいだ」と言いそうになったと話す。自分を責めるのはもうやめようと、エズラはシャナにやられたお腹の傷をアリアに見せる。

罠に落ちる

次の日登校すると、「アリソンに殴られた」と、モナから撮っていた動画を見せられるライアーズ。先に手を出したのはモナで嵌められたんだとアリソンは話すが、彼女がまたウソをついたことに4人は怒っていた。

人気の無いところでシドニーとジェンナが車から降りてくる。その2人と落ち合ったモナは、「これで始末しやすくなる」とニヤリとするのだった。

公園で一人ビールを飲むケイレブを見つけ出したハンナは、戻ってきたことやレーベンズウッドでのことを聞こうとする。

エミリーの家にきたアリソンはウソをついたことを謝っていた。そこにニュース速報が入り、アリソンのお墓に入っていた子の身元が判明し、まもなく会見すると発表される。

アリアとエズラ、スペンサーとトビー、そしてハンナとケイレブもエミリーの家に集まり会見を見守ることになる。アリソンのお墓の中に入っていたのは”ベサニー”。ラドリー病院の患者で当時17歳、病院から脱走後、行方不明となっていた。脱走したのはアリソンが誘拐されたとされる夜だという。

会見を聞き全員が呆然としている中、突如爆風が起こる。

外に出るとトビーの家が爆発していた。中に人がいないか確認しに行くトビー。トビーの家の前で立ち尽くしていると、ライアーズたちのメールの音が鳴り響く。

その頃、どこかの部屋にフードをかぶった人物があらわれる、次の”A”なのか・・・。

スポンサーリンク

感想

3話と4話がおとなしめだったせいか、今回は急激にいろんな事が展開されたエピソードでした。アリソンが学校に登校したり、ジェンナやケイレブが戻ってきたり、シドニーとジェンナとモナが徒党を組んでるのが分かったり。転校生=ジェンナの差し金がひそかに流行しているな。そして、ラストの爆発はビックリしすぎた。トビーの家があああ、ジェンナは中にいたのかな?そしてエミリーの家も窓ガラス粉々だし、あの爆風でみんなケガしてないのが不思議だよ。元々ジリ貧のエミリー家だが、2回目の家屋損壊で家計は大丈夫なのかそれが心配だよ。恋愛も動きがありましたね~、

安定のスペンサーとトビーは置いといて、レーベンズウッドからケイレブが帰ってきました。これからまたハンナとくっつくのかな?トレビス君はどうなるんだろう。スピンオフのレーベンズウッドは早々と打ち切りになったようで・・・。ケイレブ君がイライラしてたのは打ち切りなったからとかか。

アリアとエズラもよりが戻りましたね。なんだかんだ別れたりくっついたりと忙しい2人だが最初から好き同志のココも安定の2人。だがやっぱりエズラはロリコンにしか見えない。アリアの口についたクリームを拭って自分の口に持ってっちゃうとか、シチュエーション的には良い雰囲気なのに、なぜかパパと娘、もしくは兄と妹に見えちゃうのはなんでだろう。アリアが童顔だからってのもありそう。

そして今回驚いたのはアリソン。ツンデレ?まさかエミリーとのキスが練習台じゃなかったなんて。そういえば、納屋でエミリー助けだしたの思い返せば、エミリーのこと好きだったのも頷けるわ。でもアリソンはウソついてばっかりだから、これも何か裏がありそうな感じもするんだが怖いな。

10代向けのドラマということもあり同姓同士の描写はされていないが、アリアとエズラのベッドシーンの合間に一緒くたに彼女達のキスシーンが描かれているってことは、まあそういうことなのか!それよりヘイスティングス家の謎はまだ引っ張りますか。メリッサ姉さん早く言いたいことぶちまけちゃってください。

スポンサーリンク