CHUCK/チャック シーズン3 第2話

『チャック VS 愛の言葉 Chuck Versus the Three Words』

あらすじ

カリーナが、フィアンセだというカールを連れて戻ってくる。しかしカールは実は冷血な武器ディーラーだった。ミッションの一方でカリーナは、チャックとサラが「スパイは恋に落ちない」という鉄則を守るよう彼らを厳しく注意する。
公式より

キャスト

チャールズ・バトウスキー(演:ザッカリー・リーヴァイ Zachary Levi  吹:草尾毅)
主役 オタク
サラ・ウォーカー(演:イヴォンヌ・ストラホフスキー Yvonne Strahovski 吹:魏涼子)
CIAエージェント
ジョン・ケイシー(演:アダム・ボールドウィン Adam Baldwin 吹:山野井仁)
NSAエージェント
モーガン・ギレルモ・グライムス(演:ジョシュア・ゴメス Joshua Gomez 吹:粟野志門)
チャックの友人
ダイアン・ベックマン(演:ボニータ・フリーデリシー Bonita Friedericy 吹:定岡小百合)
NSA 上官
ビッグ・マイク(演:マーク・クリストファー・ローレンスMark Christopher Lawrence吹:朝倉栄介)
バイ・モア店長
レスター・パテル(演:ヴィク・サヘイVik Sahay吹:増田隆之)
オタク軍団 ユダヤ人
ジェフリー・バーンズ(演:スコット・クリンスキーScott Krinsky吹:坂本くんぺい)
オタク軍団
カリーナ(演:ミニ・アンデン Mini Anden)
サラのスパイ仲間
カール(演:ヴィニー・ジョーンズ Vinnie Jones)
武器商人

戻ってきたカリーナ

戻ってきたスパイ仲間のカリーナとクラブへ行くサラ、チャックの話をしたがらないサラにカリーナは「スパイの規則を破ったの?」と驚いている。そのクラブにモーガンとチャックも遊びにきて彼女達を見つける。カリーナのことが好きだったモーガンは自分のことを彼女が覚えているか、チャックに探りを入れてもらう。だがカリーナには婚約者のカールがいた。すごく熱々な2人だが、カールの腕にある傷跡をみて映像が浮かぶチャック。カールは極悪な武器商人だと分かった。カリーナはそれを承知で任務しているのだった。バイ・モアでは店長のエメットがいなくなり前の店長ビッグ・マイクが戻ってきた。カリーナがバイ・モアにきたが全く相手にされないモーガン。そんな彼に引越しパーティーを開催してカリーナを誘うよう助言するレスターとジェフリーたち。

地下基地でカリーナも含めて今後の任務の打合せをする。カールの口座に1千万ドルの入金があったことから、武器が売れたのだろうと言うカリーナ。武器が客に届く前にそれを回収する任務を上官から告げられる。カールの寝室の隣に金庫室がありその中に武器が保管されているが最新鋭のセキュリティーがしかれているという。チャクはインターセクトでそのセキュリティをくぐり抜け回収することになる。
c3-2-5
カールとカリーナの婚約パーティーにサラとチャックは恋人同士役で、ケイシーには親族役で招待することになった。

婚約パーティーに出席するが、サラとチャックの不穏な空気に気付いたカリーナは、「サラはあなたのことが好きだ」とチャックに活を入れる。カリーナはカールからキーを盗むと、それをすばやくサラに渡す。サラとチャックは乾杯の最中に金庫に行くが、サラと話をしたいチャックは感情が抑えられずフラッシュがおこらない。サラが終わったらちゃんと話すというと、チャックはすぐにフラッシュ発動。セキュリティーの赤外線を潜り抜け、武器の入ったアタッシュケースを回収した。だが最後の最後で赤外線に接触する間抜けなチャックは、金庫室のドアが閉まって閉じ込められ、さらに催眠ガスまで発生する。サラは換気口に入り催眠ガスを大元から止めるにいく、護衛が動き出し金庫室まで来るがチャックはドアの向こうにサラがいると思い1人でプラハでのことを話し告白する。換気口から戻ってきたサラは護衛を倒し、チャックを金庫室からだすが催眠ガスを吸った彼は眠ってしまう。武器を回収し任務も終了。回収した武器はカリーナが次の引渡し場所に持っていくことになる。カリーナはサラをサントロペへ誘う、サラは意を決して上官にチャックには別の捜査官がいいのではと話すが相手にされず、早く立派なスパイにさせろと迫られる。
c3-2-4
地下基地から地上にでたカリーナにカールの追っ手が迫る。カリーナはバイ・モアに隠れ、武器の入ったアタッシュケースをモーガンに預けてチャックに渡すように言う。モーガンはその代わりに引っ越しパーティーにきてとチラシを渡す。だがカリーナはすぐにカールにつかまってしまう。カールからUSBに入っている映像を見せられる。金庫の中でチャックが「僕はカリーナのように愛をエサに敵をだまさないと」言っている映像で、カリーナの正体がバレたのだ。

チャックの後にカリーナを殺すというカールは、彼女と部下を連れてモーガンの引っ越しパーティーに行き、チャックを探す。カリーナが消えたため捜している3人にモーガンから連絡が入り彼女が引っ越しパーティーにきていることを知る。カリーナが他の男ときてその男たちが暴力を振るったことに侮辱されたと勘違いしているモーガンは、カールとカリーナに出て行けと言い、チャックには自分で渡せとアタッシュケースを渡してしまう。
c3-2-3
カリーナと武器を奪い返すため、チャックは監獄ジュースにたいまつを入れ爆発させる。その間にカールの手下達を倒すサラとケイシー。カールはカリーナを人質にとる。そんなカールにチャックは「カリーナもあなたを愛してるのだ」と説得する。本当に愛してたと言うカリーナに、カールが銃を下ろすと「スパイは恋をしない」と彼女はカールを倒す。

武器を奪い返し今度こそ任務が終了する。だが、4人と通信を終えた上官は「これ以上秘密にするのは危険すぎる」と、ショウという人物に話しをしている・・・。

スポンサーリンク

感想

c3-2-2
カリーナさんがまた戻ってくるとは!そしてモーガン好感度メッチャあげてるじゃないですか、まさかあのカリーナさんを落とすとは。拒否られたことないから燃えちゃったカリーナも意外に乙女だったのね、でも「スパイは恋しない」だから、まだ本気ではないのでしょうが。そしてサラとカリーナの親友感もいいなあ、美女2人の戦闘準備のお着替えが美しすぎる。カリーナ戻ってくるときはいつもサラの部屋に上がりこんでるのね。CIAから借りの家って提供されないのか?そしてカールからチャックの映像が入ってるUSBをいつの間にか奪ってて、サラにあげるという友達想いすぎなカリーナ。またすご帰ってこないかなカリーナ。あとチャック、インターセクト使いこなしてきたけどやっぱり爪が甘いという。サラと話がしたくてフラッシュ発動できず、そこにサラさん「終わったら話そう」とチャックにエサ撒いてあげるとか、チャックがペットのようにしか見えませんでした。どっちもかわいい。ところでショウって誰なんだろう?カールを演じたヴィニー・ジョーンズさんは元サッカー選手で活躍されたようですね、悪役だけど善い人っぽさもあって渋いです。

スポンサーリンク