ナイトシフト シーズン2第9話

『親子をつなぐ夜 Parenthood』

暴れる原因

右腕を刺された父親と、その娘アマンダが顔に傷を負い運ばれてきた。アマンダは幻聴を伴う妄想性障害で暴れている。

ずっと塞ぎこんでいたアマンダが突然わめき出し、宥めようとした父親が刺され思わず叩いたら彼女はカウンターに頭をぶつけたのだ。娘をかばう父親は叩いたことを後悔していた。
町中の精神科医に診てもらったが、双極性障害や妄想性障害と診断され6年間改善されないという。

落ち着いたアマンダは、以前から背中とお腹に激痛が走ると訴える。今までの医者には心因性だと言われてきたようだが、TCは他に原因があるのではと疑う。

通報時に駆けつけた警官も彼女に蹴られご立腹。処置が終わったら逮捕するといい連行しにくるが、ジョーダンが色仕掛けで時間を稼ぐ。

その間にTCとトファーが原因を探っていると、紫の尿が出ていることで病名を突き止めることに。
蓄積したポルフィリンが引き起こすポルフィリン症だった。そのせいで精神も不安定になっていたのだ。処置を開始すると、すぐに彼女の精神状態が回復した。

昇任式での銃撃

一方、ドリューはクリスタを連れて軍の昇任式に参加していた。
仲間のハビーが二等軍曹へと昇任したのだ。

しかし、式の途中、リー大佐が弟に銃撃されてしまう。事業資金の連帯保証人を断られ逆上したのだ。
すぐにドリューが大佐の弟を捕らえるが、撃たれた大佐と流れ弾に当たったハビーの妻ジーナも負傷、2人とも動脈に弾があたり大量出血する。クリスタとドリューは自己導尿されてる人から未使用のカテーテルをもらい止血に使用し応急処置する。

搬送後、頭部の動脈を処置したジーナの意識は戻るが、銃弾を受ける2~3週間前から頭が痛かったことを訴える。CTで検査すると、静脈と動脈がクモの巣のように絡み合っているAVM(脳動静脈奇形)だと判明。頭蓋骨に弾が当たってAVMが出血したのだ。破裂してしまう前に脳外科医を手配し無事、切除に成功する。

一方、大佐も無事手術を終えるが、ペースメーカーを入れることに……。
意識の回復した大佐は、この身体では軍を除隊することになると残念がるのだが、突如、アナフィラキシーショックを起こす。
ペースメーカーのケーブルが原因であることが判明し、コバルトを含まないペースメーカーを装着することになった。

銃撃の一部始終が動画に撮られていてネットにUPされていた。
男を取押えたドリューは英雄と言われるが、彼自身は戸惑うことになる。

銃撃に遭遇したクリスタは、一瞬で人生が変わってしまうことを痛感。
後に、乳癌の遺伝子検査の結果を恐る恐る見ることになるが、結果は陰性で安堵する。

65本のバラ

嚢胞性線維症を患う少年マーカスが母親に付添われて診察にきていた。
別名”65本のバラ”の名前を持つ病名だ。
子供には発音が難しくて別名がついたと答えたポールに、答えられた先生は初めてだとマーカスは嬉しそうにする。

呼吸治療としてセフェピムを試すが効果が見られず、ポールは効果の期待できる吸入用抗生物質を試してはと提案するが、母親はメディケイドの承認が下りないという。
ポールは別の方法で入手しようとジョーダンに相談するが、高額だしメディケイドでは補償されないし、事務局もみとめないだろうと言われる。
自分が払うというポールだが、「そんなことしてたら1週間で破産するわよ」「寛大なのは長所だができることとできないことがある」と忠告される。
その間に、マーカスは呼吸が苦しくなり、人工呼吸器を挿管することになる。
ポールは、今日昇進したばかりのケニーのIDをこっそり拝借し管理システムに入ると、抗生物質をこっそり持ち出すことに成功。
マーカスの母親には試供品をもらったとウソをつきマーカスに投与した。

その後、ケニーには気づかれていたが、「言ってくれたら協力した」と、今回のことは許してもらえた。

15歳の誕生日パーティー

ラゴーサは娘の15歳の誕生日祝いのためパーティー会場を予約していたが、離婚と転職で金が尽き、カードも上限まで達し会場予約を取り消されてしまう。
ラテン系の女性にとって15歳の誕生日は成人式よりも盛大なパーティーで、皆にダンスを披露したり父娘で踊ったりと重要イベントであるのだ。

妻と娘のナオミに責められるラゴーサを見たジョーダンは、皆に協力してもらいバーをパーティー会場におさえ、TC&バイカーたちがナオミを迎えに……。
無事、15歳の誕生パーティーを皆でお祝いすることとなった。

スポンサーリンク

感想

15歳のパーティーERのみんながしてくれたわけだけどさ、最初、夜勤明けにER?休憩室?を会場にしたのかと思ってたんだよね。昼シフトでER使うよな~とか勝手に考えてたけど、そんなわけないわ。TCのバイカー仲間の店をタダで借りたんだろうね。

で、いつの間にかケニーが主任看護師に昇進しちゃったんですが、モリーさんどこいったんやろ~。

ポールさんいい奴すぎるよ、ホント。
マーカスの母親は親切になれていないうえに、旦那はマーカスの病気を知って離れていったらしいという、とっても苦労性じゃないかよ。
んでも、ポールに連絡先渡してたから、付き合いそうな感じがしたんだが…。
ポール子持ちのシングルマザーとくっ付くのか?まあ、ポールなら子持ちでもありえそうだわ。
意外なのはポールが「sucks」って言ったこと。優しいポールさんでも言うのか。

あと、ラゴーサの別れた奥さん(グロリア・ヴォトシス Gloria Votsis)、見たことあると思ったらPOIやホワイトカラーにゲストで出てた人だった。ナイトシフトではチョイ役で、この回と2×7にしかでてないようです。

スポンサーリンク